居眠り病の真実!ナルコレプシー(過眠症)とはどんな病気?

「ナルコレプシー」という病気をご存知でしょうか?

いわゆる過眠症の一種で、眠っても眠っても激しい眠気に襲われ、日中でも居眠りしてしまうのが主な症状です。

あなたの周りに「いつも居眠りばかりしている人」、「大事な場面でも居眠りしてしまって、やる気が感じられない人」はいませんか?

その人はただ単に怠けているわけではなく、もしかしたらナルコレプシーの症状に苦しんでいるのかもしれません。

ナルコレプシーとはどんな病気?

日本では600人に1人の割合で、ナルコレプシーを発病している人がいると言われています。

ナルコレプシーとはいったい、どんな病気なのでしょうか。

症状の現れ方

ナルコレプシーを発症すると、最初は日中の居眠りや「体に力が入らない」といった軽い症状から現れます。

睡眠不足かと思って夜しっかり睡眠をとってみても、日中の眠気はおさまらず、激しい眠気に耐えられなくて何度も居眠りをしてしまうようになります。

日中の居眠りは1回につき数十分と短く、居眠りの後はすっきりと目が覚めるのがナルコレプシーの特徴です。

眠気とは別に、突然体の一部に力が入らなくなり、持っていたものを落としたり、字を書くのが困難に感じる場合もあるようです。

進行するとどうなるか

ナルコレプシーの症状が進行すると、会議中や仕事中、試験中、人との会話の途中など、普通だと考えられないような大切な場面でも、眠気に耐えられず居眠りしてしまうようになります。

一度眠気を感じると、目を覚ますために体を動かしたりコーヒーを飲んだりしてみても、効果はありません。

体の脱力感については、喜怒哀楽を感じたときなどに体の力が一気に抜け、その場に倒れこんでしまったり、そのまま睡眠状態に入ってしまう人も少なくありません。

また、ナルコレプシーは眠ってすぐにレム睡眠状態に入ることから、寝入りばなに夢や幻覚を見やすかったり、金縛りに合いやすいのも特徴です。

治療方法

ナルコレプシーを自覚するのは難しいことでしょう。

日中繰り返す居眠りは周囲の人たちから誤解や偏見を受けやすいため、まさか自分が病気だということにも気づかない人がほとんどです。

専門機関を受診すれば、睡眠のパターンを検査することですぐにナルコレプシーであると診断されます。

治療法としては、夜の睡眠を十分にとる方法や日中昼寝の時間を確保することで居眠りの回数を減らす方法など、生活的な指導を受けたり、精神刺激剤や抗うつ剤の薬物療法があります。

最後に

ナルコレプシーを確実に治療するための薬はまだ開発されていませんが、早期に専門機関で適切な処置を受けることで、日常生活に支障をきたさないほど症状を抑えることは可能です。

おかしいと思ったとき、他人や家族におかしいと指摘されたときには、勇気を出して専門機関を受診してみることをおすすめします。

関連記事をもっと読む