中途覚醒の原因は?食べることによって起こる睡眠の障害

夜中に何度も目を覚ましてしまい、再び眠りに就くまで時間を要してしまう症状を、中途覚醒と言います。

中途覚醒は睡眠障害の一種であり、慢性的な睡眠不足やストレスを招く原因となる危険な症状です。

原因は様々ですが、実は中途覚醒のような睡眠障害に、食べ物や食べ方が大きく関わっているということをご存知でしょうか?

「食べる」ことについてほんの少し気を付けてみるだけで、もしかしたら中途覚醒を改善できるかもしれませんよ。

食べることによって起こる中途覚醒

睡眠障害と食生活には密接な関係があると言われています。
どのように気を付ければ中途覚醒を予防したり改善することが出来るのでしょうか。

就寝直前の飲食

就寝の直前に飲食をすると、胃腸が消化のために活動をしている状態なので、熟睡しにくくなります。

眠ったと思っても夜中に何度も目を覚ましてしまう中途覚醒も、これが原因で起こる場合も少なくありません。

出来るだけ就寝の3時間前には飲食をやめるようにして、胃腸が活動を終えるのを待ってから眠るようにしましょう。

特に油ものなどの消化に時間がかかる食べ物は夜に食べるのを避けるべきです。

就寝前の空腹

逆にあまりにも空腹の状態だとグッスリ眠ることが難しくなるので、どうしても就寝前にお腹がすいたときには、おかゆやバナナ、牛乳など消化の良いものを食べるようにしましょう。

お腹いっぱいになるまで食べる必要はありません。
程よく空腹が満たされる程度なら、安眠を妨害することはないでしょう。

体内リズムの乱れ

朝食、昼食、夕食を摂る時間が毎日定まっていなくバラバラだと、体内リズムが乱れて安定した睡眠が取れなくなってきます。

特に食べたり食べなかったりすると体内リズムの乱れにつながり、夜になっても眠れない、眠りが浅いなどの睡眠障害を起こす原因になってしまいます。

出来るだけ毎日同じ時間に食事を摂りましょう。

栄養バランスの悪い食事

栄養バランスの良い食事を摂ることで、中途覚醒などの睡眠障害を改善、予防することが出来る場合もあります。

人は十分なエネルギー不足を感じると安眠できなくなってしまいますので、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂れる食事を心がけましょう。

アルコールやカフェインの摂取

アルコールやカフェインには脳を覚醒させる作用がありますので、就寝前に摂取することで眠りに支障をきたすことになります。

特に寝酒を飲む習慣がある人は睡眠障害に陥りやすいので、十分に注意してください。

最後に

睡眠にはメラトニンと呼ばれるホルモンが大きく関わっています。

メラトニンの原料であるトリプトファンを豊富に含むバナナや牛乳を摂取することで、メラトニンの分泌量を増やして眠りやすくすることが出来ます。

そのほかにも、カルシウムの摂取は睡眠障害の改善に効果的と言われていますので、毎日の食事について一度見直してみてはいかがでしょうか?

関連記事をもっと読む