不眠症治療はストレスの改善が最適

「不眠症」という言葉を最近よく耳にします。現在の日本では5人に1人が程度の差はあれ、不眠症だと言われています。医学的な定義では1ヶ月以上、睡眠に障害が続き、日中の生活に障害をもたらすものが不眠症と診断されるようです。

多くは何かしらのストレスが原因と言われ、まさにストレス社会の申し子のような疾患といえるでしょう。また、加齢が原因であることも多いようです。老人になると、朝が早い、といった話はよく耳にします。

不眠症には大きく分けて、4つのタイプがあります。まずは、「入眠障害」と呼ばれるものです。これは、簡単に言えば寝つきが悪いということです。入眠するまでに30分から1時間かかると入眠障害とされるようです。しかし、これはあくまで私見ですが、寝つきは人によって様々で、1時間かかる人も多く、これだけだとあまり問題もないように思えますが。

次に、「中途覚醒」と呼ばれるものです。これは、就寝してから起床するまでに何度も目が覚めることをいいます。主に中高年から高齢者に多いようです。これは、たしかに困りますね。夜中に何度も目が覚めるのはつらいです。1回程度トイレで目覚めることはよくあることですが、これがなんどもとなるとやはり病気と言わざるを得ないでしょう。

三つ目は、「早朝覚醒」と呼ばれるものです。これは、朝早く目覚めてしまい、再び寝ることができない症状をいいます。簡単に言うと二度寝ができないタイプです。これもつらいです。つまり、睡眠時間が短いということですから、肉体的、精神的疲労も回復できないでしょうし、日中眠くてしょうがないでしょう。

最後は、「熟睡障害」と呼ばれるものです。これは、時間的には十分に寝ているのに、熟睡感が得られない、眠りが浅い状態がずっと続くというものです。

原因は多くがストレスや精神的なもの

その要因は、まず、「身体的要因」があります。これは、何かしらの身体の疾患による苦痛によって眠れないというものです。特にリウマチや喘息を持っていらっしゃる方に多いようです。

「環境の変化」によるものもあります。筆者は旅行に行くと良く眠れません。また、転居した時などもしばらくよく眠れないことがあります。筆者はこのタイプなのかもしれません。また、近所の騒音などもこのタイプに入るようです。

しかし、何といっても、ストレス、精神的ショック、うつ病など、精神的なストレスや統合失調症などの精神疾患によるものが一番多いようです。これは、よく耳にしますね。特に仕事によるストレスや肉親や親しい人間を失くした時などは眠れないことが多いです。筆者も仕事がハードで、しかも職場の人間関係が悪く、そのストレスで3週間ぐらい、眠れなかったことがあります。

また、カフェインやタバコ、アルコールなどの薬物が要因となることもあるようです。

西洋医学か漢方か

その治療ですが、まず、精神科や心療内科にかかると「睡眠薬」を処方されます。最近の睡眠薬はベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン系と呼ばれるものが主流で、安全性も非常に高いとされています。一説によると、20000錠飲んでも死なないと言われています。

かつては、バルビツール系と呼ばれるタイプのものが主流だったのですが、これは致死量が低く、よく自殺に使用されていました。そういえば、最近は睡眠薬自殺というものは、まったく聞かなくなりました。

バルビツール系は簡単に言うと麻酔です。つまり、脳の活動を低下させることによって眠りに付かせるのです。このため、数十錠で死にいたります。それに対し、ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン系は脳をリラックスさせ眠りにつかせるのです。どちらかというと、精神安定剤に近いようです。

しかし、ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピン系も依存しやすく、いわゆる中毒になりやすいという問題があります。つまり、長期間使用するともうこの薬がないと眠れなくなってしまうという事態に落ちいってしまいます。

一方、これら西洋医学による化学系の薬による治療に対し、漢方薬を使うこともあります。漢方薬は、抑肝散・加味帰脾湯・黄連解毒湯という薬がよく用いられるようです。漢方薬は、自然の薬草などを原料としているため、体への負担や依存もないと評価されていますが、即効性に欠けます。少なくとも4週間は服用しないと効果はでないようです。

ストレスを貯めるな、リラックスしよう

筆者の結論としては、薬物に頼るよりも、まず、要因となっているものを除くことです。つまり、ストレスを貯めるなということです。これは、現代社会に生きている人には難しいことです。現在はいたるところにストレスがあります。

しかし、休日の日は絶対仕事や職場のことを考えない、運動をする(疲れて眠らずにはいられない状態に持っていく)、夢中になれる趣味を見つける、など気持ちの切り替えで乗り越えられないでしょうか。

また、朝起きたら太陽を浴びることがいいそうです。これにより、体内時計が正常にセットされ、夜になると自然に眠りにつくようになると言われています。しかも、日光浴はストレスにもいいそうです。

不眠症改善は、要はリラックスすることなのです。それを薬物でリラックスするか、ストレス発散や運動、日光浴など生活の見直しで行うかでしょう。また、ぬるま湯に20分以上ゆっくりつかると、神経の高ぶりが抑えられ、リラックスでき、よく眠れるともいいます。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む