不眠症に効く薬3選!副作用が少なく効果の高い人気の薬は?

不眠症に陥る原因は人それぞれですが、その多くが日々感じている過度のストレスや疲労だと言われています。

脳がリラックスした状態にないために寝付けず、眠っても夜中に何度も目が覚めたり、朝異常に早く目を覚ましてしまう...。

そんな毎日が続いているうちに夜がくることが怖くなり、「また眠れないのではないか」という不安からさらに不眠を悪化させてしまいます。

不眠は私たちの健康な体と心を蝕むものですから、早急に改善したいものです。

しかし中には自分の力だけでは不眠症を改善できず、薬に頼らざるを得ない人たちもたくさんいます。

不眠症に効く人気の薬

不眠症の薬を選ぶときは慎重に行わなければなりません。

ここでは、副作用が少なく効果が高いことで人気の、市販の不眠症薬をご紹介します。

ルネスタ

「ルネスタ」はエーザイが国内で開発した不眠症治療薬です。

不眠を改善するためには脳の興奮を取り除き、リラックスした状態にすることです。
「ルネスタ」にはこの脳の興奮を抑制したり、脳への酸素の供給量を増やす効果のある「ギャバ」が含まれており、催眠効果や鎮静効果を発揮します。

何らかの要因で一時的に不眠に陥っている場合にも、慢性的な不眠にも効果があり、寝つきが悪くなる「入眠障害」と夜中に何度も目を覚ましてしまう「中途覚醒」の両方に効く薬となっています。

一時的に味覚異常や頭痛といって副作用が確認されていますが、不眠症の治療薬としては副作用は少ない方と考えてよいでしょう。

ドリエル

「ドリエル」はぐっすり眠るためのサポートをしてくれる「睡眠補助薬」として人気です。

飲むと眠くなる「抗ヒスタミン剤」を主成分としており、軽い不眠の症状であればすぐに改善できます。

よく風邪薬を飲むと副作用で眠くなりますが、「ドリエル」はその副作用を応用して作られた睡眠補助薬というわけです。

あまり強い薬ではありませんので、睡眠薬を飲むのは抵抗がある...という人は、まずこの薬を試してみてはいかがでしょうか。

安全性の高さは保証されています。

グ・スリーP

「グ・スリーP」は一時的な不眠の症状に効くことで人気の睡眠改善薬です。

仕事で忙しい日が続いたりすると、脳が興奮状態にあってなかなか寝付くことが出来ない、眠りが浅いなどの睡眠障害を起こす場合があります。

「グ・スリーP」はそんな不眠の状態によく効く薬なので、ぜひ試してみてください。

風邪薬や鼻炎薬などに含まれる眠くなる成分が、ぐっすり眠らせてくれるでしょう。

最後に

不眠症改善薬は正しい飲み方をしないと効果を発揮しません。
用法・用量を守らないと体調不良の原因になることもありますので、十分注意してください。

また、毎日薬を飲み続けたり、自己判断で薬の量を増やしたりすると、いずれ薬がないと眠れない状態を招くことにもなり兼ねません。

薬だけに頼ろうとせず、自分自身で眠れる方法を見つけてください。

関連記事をもっと読む