不眠症の改善に効果的な食べ物とは?食事で治す安眠法

不眠症のための改善策はたくさんあります。

例えば就寝前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、リラクゼーションCDやアロマでリラックスすること、パソコンや携帯を見ないこと、安眠枕や安眠マットレスを使うこと...。

でもやはり、一番大切なのは体の内側から働きかけることです。
不眠症を改善するために、安眠効果のある食べ物を積極的に食べましょう。

不眠症改善に効果的な食べ物

不眠症を改善して安眠しやすくする食べ物は、実はたくさんあります。
明日からの献立を少し意識するだけでも、睡眠の質が驚くほど変わるかもしれませんよ。

納豆

納豆は体に良い、ということは知られていますが、実は不眠症対策にも効果的だということをご存知でしょうか?

納豆には大豆ペプチドやギャバといった、睡眠作用のある成分が多く含まれています。

また、不眠症の原因となる自律神経の異常を正常化する効果のあるビタミンB12が豊富に含まれている食品こそが、納豆なのです。

納豆が苦手、という人も多いようですが、不眠症を何とかしたいとお考えなら、ぜひ克服してもらいたいものです。

レタス

意外なようですが実はレタスも不眠症改善に効果的です。

レタスには睡眠作用があることで知られているメラトニンという成分と同じ働きをするラクチュコピクリンという物質が含まれています。

特にレタスの芯の部分に多く含まれているようなので、レタスの芯を使ったレシピをぜひ考えてみてください。

にんにく

にんにくには自律神経の働きを正常化させる効果があります。

また、にんにくを食べると体が温まり、冷えによる不眠を予防して入眠しやすくしてくれます。

よく不眠症対策として販売されているサプリメントの中にもにんにくを使用したものがあるので、にんにくが不眠症改善に効果的だということはお分かりいただけるのではないでしょうか。

あまり大量に摂取すると胃への負担が大きくなり、逆に眠れなくなってしまいますので、料理に上手ににんにくを取り入れましょう。

牛乳

牛乳はカルシウムが含まれていることで知られていますが、それだけでなく体内でメラトニンに変化するトリプトファンと呼ばれる成分も含まれています。

もちろんカルシウムにはイライラを解消する効果がありますので、ストレスからくる不眠にはまさにぴったりの飲み物と言ってよいでしょう。

体を温めるためにも、就寝前にホットミルクにして飲むのがおすすめです。
気分が落ち着いて、寝つきやすくなるはずですよ。

最後に

このように、私たちが普段当たり前のように食べているものの中に、不眠症改善に効果のある食べ物があったことが分かります。

安眠できる体を作るためにはもちろんバランスの良い食事を摂ることが一番大切ですので、これらの食べ物を積極的に摂ることを少しだけ意識しながら、明日からの食事の献立を考えてみましょう。

関連記事をもっと読む