光でをメラトニンをコントロールしよう

前に、メラトニンは、夕方から出始めて、眠りに誘うと書きましたが、メラトニンの生成に光がかかわるのと同じように、出始めるにも光が関係します。
「夕方になったら」というのは、本来自然の状態では、夕方は暗くなり始める時間ですから、メラトニンは暗くなると分泌されるということです。

ですから、いくら夜中であっても煌煌と明るい照明の下では、メラトニンはうまく分泌されません。テレビやパソコン、携帯電話などから出る光も、思ったより明るい光です。
たとえテレビを見るにしても、部屋の照明を暗くしてみる等の工夫で大分ちがってくると思います。

また、パソコンや携帯、スマホから出るブルーライトは、交感神経を刺激することが分かっています。夜に寝る前にパソコンを開くことをやめてみるだけでも効果はあるかもしれません。

光にかかわる不眠症の治療で、「高照度光療法」というのがあるのでご紹介しておきます。この治療では朝の時間帯に光治療機で強い光を浴びさせ、夜のメラトニンの分泌量を増やすというものです。

生活リズムを整える事の話と重複するようですが、生活リズムというのは、太陽が出て沈むまでの光のリズム、つまり朝陽が昇ったら起きて活動し、夕日は沈んだら眠って身体を休めるとリズムだともいえるとことです。

こうなると、夜中まで街の中が明るく、昼夜区別なく動きつづける現代社会では、不眠症が増えるのはあたりまえといえます。
意識的により良い睡眠の為の行動をとらないと、簡単に不眠症に陥ってしまう世の中になってしまっているのです。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む