女性が不眠で悩んだら、まずは婦人科を受診する

もし、あなたが睡眠の悩みを抱えていて、しかも女性であるなら、相談すべき医療機関の第一選択は女性外来、あるいは婦人科です。

ご存知の通り女性の身体は女性ホルモンのリズムに大きく影響を受けていますが、この女性ホルモンによって睡眠のリズムもまた大きな影響を受けるのです。

女性ホルモンには卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのポルゲステロンの2種類があり、このうちエストロゲンは思春期から分泌が増加し、からだつきを女性らしくしたり、子宮や卵巣に働きかけるほか脳神経や骨、血管、内臓にまで広く全身の働きにかかわっているのです。

からだのあらゆるところの細胞には、「ホルモンレセプター」と呼ばれる受容体があり、女性ホルモンのエストロゲンの刺激をうけて細胞が活性します。

もし、このホルモンが乱れると、全身が影響を受け、不眠の原因もそのひとつに十分なり得ることになるのです。

睡眠障害は、いろいろな病気が原因となっている場合がありますが、もっとも多いのは精神的な病気です。
精神的な病気と聞くと、うつ病などがまず思い浮かびますが、このうつ病の症状もその原因が女性ホルモンの乱れであることが多いのです。

また、女性は月経の出血による貧血になりやすいのですが、この貧血でも睡眠の問題がおきやすくなります。

月経前症候群(PMS)といって月経の前だけイライラして眠れないということもあります。
更年期になると女性ホルモンが大きく変化しだしますから、睡眠をはじめ、さまざまなトラブルが出て来ます。

女性ホルモンが原因の睡眠障害であれば、これは女性ホルモンを整えることで解消できます。
女性ホルモンが原因の他の不調も一緒に解消されることが期待できるかもしれません。

まずは、女性ホルモンに異常がないか調べてもらい、他に身体の異常がないかを調べてもらい、心の健康状態を調べてもらえることが重要です。
そしてそれを相談できるのが、女性外来です。

婦人科でも、基本的には女性の問題なら幅広く窓口になってくれます。
女性であるならば、睡眠の悩みは婦人科とは関係ないと思わず、まず婦人科や女性外来を受診してみてください。

こちらの記事もおすすめです

合わせて読みたい

お賽銭の豆知識 - カメでもわかるシリーズ
意外と知らないお正月のお参り方法や、お賽銭に関する基礎知識を集めたサイトです。
カメでもわかるシリーズは、誰にでも簡単に理解できるような初心者入門サイトなので、気軽にコンテンツを読みながら、お賽銭について学ぶことが可能です。

体温調整
冷え性に悩んでいる女性の多くは、体温調整が上手くできていないと言われています。
正しい方法で体温調整をすることで、体の中からぽかぽかと暖かくなり、冷え性の対策にもなります、ぜひ実践してみてください。

関連記事をもっと読む