アロマを使った不眠の治療法

不眠症の治療の中には、行動療法で寝る前のリラックス感を得るという事をしますが、この、「リラックスする」事の助けになるのが、アロマです。
最近は若い女性の間でごく一般的になっていて、比較的手軽に始められるので、ぜひ良い睡眠を得る為の方法のひとつとして取り入れてみてください。

たかが、香りといっても、実は香りは直接脳に働きかけるのでホルモンの分泌にまで影響するといわれています。
植物から抽出した精油は、いわば「香りの素」ですが、この精油の芳香成分を吸い込むことで、脳の視床下部に伝わります。

夜にはリラックス効果の高いネロリや、イランイランなどが適していますが、寝る前のリラックス用のほかに、期商事にすっきり目覚めるためのローズマリーやペパーミントを使い、生活リズムを整える為に使用してみるのも良いでしょう。

香りを拡散させるアロマディフーザーなども市販されていますが、大き目のカップに熱いお湯を注ぎ、精油を数滴たらして香りを湯気で拡散させる方法もあります。

自分でアロマウォーターを作り、寝具にスプレーしたり、精油を混ぜたオイルでマッサージする方法もあります。
この場合には、精油は、肌に対して刺激が強すぎる事が多いので、肌の弱い方は十分注意して、自分の肌に負担のないオイルを使用して、決して精油を直接肌につけないようにして下さい。

朝に使う場合も気に入らない香りであれば、リラックスもできないでしょうし、さわやかな朝もだいなしですので、朝、夜にそれぞれ適した香りの中から、自分の気持ちが良くなる香りを選ぶことが大切です。
また、その日によって気分も変わりますから、自分の好きな香りの中から、その日の気分に合わせて使用するのも良いでしょう。

夜に適した精油

  • ネロリ 甘い花の香り
  • イランイラン 甘くエキゾチックな香り
  • クラリセージ フルーティーな香り
  • マンダリン  オレンジ系な香り
  • フランキンセンス スモーキーな香り

朝に適した精油

  • ペパーミント さわやかな甘い香り
  • ローズマリー すがすがしい香り

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む