不眠症の改善法

不眠症に効く薬3選!副作用が少なく効果の高い人気の薬は?

不眠症に効く薬3選!副作用が少なく効果の高い人気の薬は?

不眠症に陥る原因は人それぞれですが、その多くが日々感じている過度のストレスや疲労だと言われています。 脳がリラックスし…

この記事を読む
不眠症の改善に効果的な食べ物とは?食事で治す安眠法

不眠症の改善に効果的な食べ物とは?食事で治す安眠法

不眠症のための改善策はたくさんあります。 例えば就寝前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、リラクゼーションCDやアロ…

この記事を読む
寝返りを利用して快眠を追求する

寝返りを利用して快眠を追求する

先日テレビであるアスリートが、海外遠征に出かける時に必ず持っていく物として、「マットレス」と答えていました。しかも2枚…

この記事を読む
女性が不眠で悩んだら、まずは婦人科を受診する

女性が不眠で悩んだら、まずは婦人科を受診する

もし、あなたが睡眠の悩みを抱えていて、しかも女性であるなら、相談すべき医療機関の第一選択は女性外来、あるいは婦人科です…

この記事を読む
メラトニンをコントロールして不眠をなくす方法

メラトニンをコントロールして不眠をなくす方法

人間の体温にもリズムがあるとこはご存知でしょうか? 先に書いたメラトニンは、分泌が盛んになると、血圧や脈拍とともに体温…

この記事を読む
「不眠症」と感じてから医療機関に相談する目安

「不眠症」と感じてから医療機関に相談する目安

米国睡眠医学会では不眠症の定義として「不眠症とは、入眠困難や睡眠維持困難が繰り返され、また、通常の時間帯寝ているにもか…

この記事を読む
アロマを使った不眠の治療法

アロマを使った不眠の治療法

不眠症の治療の中には、行動療法で寝る前のリラックス感を得るという事をしますが、この、「リラックスする」事の助けになるの…

この記事を読む
サプリメントを使った不眠症の改善法

サプリメントを使った不眠症の改善法

眠れない人のためのサプリメントも、いろいろと出回っているようです。 お薬とはちがうので手軽に試してみるのも良いかもしれ…

この記事を読む
眠りについての自己評価

眠りについての自己評価

「眠れない」ことが病気であるとすると、では眠らないと一体どうなるのでしょう。 致死性家族性不眠症という眠れなくなる病気…

この記事を読む
光でをメラトニンをコントロールしよう

光でをメラトニンをコントロールしよう

前に、メラトニンは、夕方から出始めて、眠りに誘うと書きましたが、メラトニンの生成に光がかかわるのと同じように、出始める…

この記事を読む
不眠症治療はストレスの改善が最適

不眠症治療はストレスの改善が最適

「不眠症」という言葉を最近よく耳にします。現在の日本では5人に1人が程度の差はあれ、不眠症だと言われています。医学的な…

この記事を読む
正しい用法・用量を守れば、睡眠薬は不眠症の強い味方!

正しい用法・用量を守れば、睡眠薬は不眠症の強い味方!

睡眠薬は怖い!? ドラマなどで睡眠薬を多量に服用して、自殺をはかる場面があります。ドラマなどのイメージからか、処方され…

この記事を読む
不眠症の改善に効果のある食事

不眠症の改善に効果のある食事

先に、睡眠にはホルモンが大きく関わっていると書きました。 睡眠リズムに大きく影響を与えるホルモンとして有名なのがメラト…

この記事を読む
メラトニンを理解して睡眠習慣を改善する

メラトニンを理解して睡眠習慣を改善する

睡眠外来に行くと日常的な睡眠習慣の把握のために睡眠日誌をつける場合があるようです。 これは、毎日の起床時刻、就寝時間の…

この記事を読む
精神生理性不眠症を改善する

精神生理性不眠症を改善する

では、睡眠の最初の3時間に深いノンレム睡眠を得るにはどうしたらよいか?ですが、 そんな事より、問題はまず「寝入る」事だ…

この記事を読む
都会で暮らす人のための、寝つきが悪い時の不眠症対策

都会で暮らす人のための、寝つきが悪い時の不眠症対策

明日、大事なプレゼンがあるのに、ベッドに入ってもなかなか眠れない。いろいろ考え事をしているうちに、気づいたら朝になって…

この記事を読む
不眠症のタイプと原因

不眠症のタイプと原因

誰でも、健康に毎日を過ごしていきたいと思いますよね。健康に過ごすためには、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、そして…

この記事を読む

合わせて読みたい

安眠を生み出す7つの条件
よく眠れない時、安眠を手に入れる方法を知っているとたいへん便利です。私も夜寝られない毎日が続いていましたが、安眠法やグッズを導入することで、熟睡できるようになりました。

いびき対策事典
自覚症状がない場合でも、鼾(いびき)がうるさく周りに迷惑をかけている場合があります。簡単に実践出来る方法で、自分が鼾をかいていないのかチェックし、場合によっては医師の診断や、いびき治療をおこなう方が良いこともあります。