眠れない時に使える!睡眠ホルモンを出すための3つの方法

不眠症は今や現代病のひとつと言われています。

  • 布団に入っても1時間以上寝付けない
  • 眠りが浅く、夜中に何度も目を覚ましてしまう
  • 朝、異常に早く目が覚めて再び眠ることが出来ない

これらの症状で悩んでいる人は多く、不眠症を改善するために専門機関で治療している人も少なくありません。

しかし不眠症で病院を受診するのは抵抗があるという人も多いでしょうから、様々な不眠症対策の中から、まずは「睡眠ホルモンを出す」ための方法をご紹介したいと思います。

睡眠ホルモンを出すための方法

私たちの睡眠に大きく関わっている睡眠ホルモン「メラトニン」。
メラトニンの分泌量を増やすことで、睡眠を快適なものにすることが可能です。

寝室の照明を暗くする

夜眠るとき、普通は寝室の照明を暗くします。

これは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌量が、目から入る光の量によって変化するためです。

いつまでも照明の明るい部屋にいると、脳は「寝る時間ではない」と判断してメラトニンの分泌量を減らしてしまいます。

メラトニンの分泌に最適な照明は、蛍光灯ではなく温かみのある白熱灯を使った間接照明です。

例えば朝目が覚めたらすぐに太陽の光を浴びることが出来るように、とカーテンを開けたまま眠りに就くと、外からの光が睡眠を邪魔することになりますので、絶対に止めた方が良いでしょう。

朝は決まった時間に起きる

私たちの体は朝起きて太陽の光を全身に浴びることで、体内時計がリセットされるようになっています。

太陽の光を浴びたときからちょうど14時間後に睡眠ホルモンの分泌が始まりますので、毎朝同じ時間に起きることで夜も同じ時間に自然と眠くなるはずです。

起きる時間がバラバラだと睡眠リズムが乱れ、夜になっても睡眠ホルモンが分泌されず、眠くならないという事態が起きてしまいます。

もし朝同じ時間に起きるのが辛いなら、熱いシャワーを浴びたり軽く体を動かすなどして、目が覚める習慣をつけてしまいましょう。

日中出来るだけ太陽の光を浴びる

一日中暗い室内で過ごしたり、夜型の生活を続けていて太陽の光を浴びていないと、睡眠ホルモンは正常に分泌されなくなり、不眠症などの睡眠障害の原因になります。

睡眠を促すホルモンであるメラトニンを生成させるうえで必要不可欠な「セロトニン」という物質は、日中太陽の下で活動することで分泌されます。

セロトニンは精神バランスを保つ上でも大切な役割を果たしていますので、ストレスによる不眠を予防する効果もあると考えられています。

日中は太陽の光を浴びてセロトニンを分泌させ、夜は出来るだけ暗い場所でメラトニンを分泌させるのが理想的、というわけです。

最後に

このように、日中や夜の過ごし方が私たちの睡眠に大きく関わっていることがお分かりいただけます。

すべて明日からでも実践できる簡単なことばかりですので、「最近眠れない」と思ったらぜひ試してみてください。

関連記事をもっと読む