睡眠ホルモンは不眠症にどう関係しているのか

現代人には不眠症で悩んでいる人がたくさんいます。
布団に入っても寝付けない、熟睡出来ない、夜中に何度も目が覚める...。
これらの辛い症状を改善するために、多くの人が対策を探しています。

私たちの睡眠を司る睡眠ホルモンは、不眠症とどう関係しているのでしょうか。

睡眠ホルモンと不眠症

不眠症について

不眠症は病気ではありませんが、満足のいく睡眠がとれない状態が長期間続くため、慢性的な睡眠不足の原因になります。

日中耐えがたい眠気に襲われ、仕事や勉強にも集中出来ず、辛い思いをしている人はたくさんいるでしょう。

原因はストレス、騒音、病気、運動不足など人それぞれですが、現代人に不眠症が多いのはやはり、生活リズムの乱れによる「体内時計の狂い」があるのではないかと考えられます。

人は通常、夜暗くなると自然と眠くなり、朝太陽が昇ると同時に目を覚まします。
しかし体内時計が狂うことで、この当たり前のリズムが異常化してしまうのです。

不眠症は早期に改善していかないと、恐ろしい病気を引き起こす原因にもなってしまいます。
日中の眠気に耐えられず、事故を起こしてしまった、という人も少なくありません。

「たかが寝不足」と侮らず、自分の不眠症の原因は何なのかを突き止め、取り除く努力をする必要があるのです。

睡眠ホルモンと不眠症

人は眠っているとき、脳から睡眠ホルモンが分泌されています。

睡眠ホルモンは目から入る光の量によって分泌量が決まるので、暗くなると分泌量が増えて眠くなり、明るくなると分泌量が減って目が覚めてきます。

不眠症の人は夜になっても眠くならないのが特徴なので、この睡眠ホルモンが正常に働いていないと言えます。

睡眠ホルモンが正常に働かないということは、暗くなっても分泌量が増えず、明るくなっても分泌量が減らないということです。

これを元に戻すのは簡単なことではないかもしれませんが、まずは出来ることから始めてみてください。

例えば夜眠れなくても朝は必ず同じ時間に起きることを繰り返していれば、朝その時間に目が覚めることが習慣化されます。

そして日中は行動的に体を動かし、夜になったらぬるめのお風呂にゆっくり浸かって、布団に入りましょう。

まずは脳に、朝と夜の区別をはっきりと付けさせることが大切なポイントなのです。
そうすれば自然と、睡眠ホルモンの分泌も正常化してくるかもしれません。

最後に

私たちの睡眠にホルモンが関係していることは、あまり知られていません。

夜になったら勝手に眠くなり、朝になったら目が覚めるものだと思い込んでいる人もいるでしょう。

しかし実際には、睡眠ホルモンを正常に働かせるためにも努力が必要なのです。

夜は出来るだけ豆電球も消して寝室を暗くして睡眠ホルモンの分泌を促し、朝はカーテンや窓を全開にして太陽の光を体いっぱいに浴びてください。

そうすることで睡眠ホルモンは抑制され、「1日が始まった」ということを体に教えてくれるはずです。

こちらの記事もおすすめです

関連記事をもっと読む